風を見ていた午後

みつけてくれて、ありがとうございます♪休日は、風にころがりながら写真を撮っています。 季節の匂いを感じながら、ココロ動かされる情景を表現できたら。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幻の第2展望台 摩周湖

038.jpg


ええと、前回の続きです。

今回、2年ぶりに摩周湖を訪れたのは、幻の第2展望台が気になっていたからです。
現在、摩周湖には、第1展望台・第3展望台・裏摩周湖展望台があります。
第1と第3があるのなら、第2は何処へ行ってしまったの?という
素朴な疑問がありました。

調べてみると、やはり、かつてはあったようです。
スペースが狭い関係もあり、廃れてしまったそうです。

弟子屈町役場のホームページに、詳しく載っています。↓
摩周湖ファイル vol.5



024.jpg

星空の撮影をして、陽が登ってきたので
第3展望台から、第2展望台へ移動。
腰まで背丈のある笹薮に分け行っての探索です。




027.jpg

朝日が、顔を覗かせました♪




039_20120906103725.jpg

左手に見えるのは、斜里岳です。




042.jpg





045_20120906103923.jpg

少し場所移動すると、また違った構図に出会います。




046.jpg




048.jpg





050.jpg




059_20120906104437.jpg


今回は、純粋に、割と正確な第2展望台を探索しましたが
地元の方々や、摩周湖の売店で売っている絵葉書の構図を見ると
ここよりも、少し第3展望台よりのポイントの方が、好まれているようです。

という事は、帰ってから再度調べて、気付きました(笑)


かくして、また課題が残りました。
今度は、そちらを訪れてみたいです☆ミ



撮影日:8月23日
撮影地:摩周湖第2展望台






  1. 2012/09/06(木) 10:52:15|
  2. summer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
| ホーム | 星空の摩周湖☆彡>>

コメント

思わず、この写真の太陽に向かって合掌してしまいました(笑)
  1. 2012/09/06(木) 12:15:30 |
  2. URL |
  3. 五組軍団タケ #-
  4. [ 編集]

わはは(-^〇^-)
朝日は、どこで見ても同じ太陽のはずなのですが、場所によって、それぞれのよさがありますよね♪
  1. 2012/09/06(木) 14:10:33 |
  2. URL |
  3. むらっく #-
  4. [ 編集]

藪漕ぎをしてまで廃止された第二に辿り着くという感覚が、
むらっくさんや僕的には行って当然と感じるのですが
一般的には理解できないのかもしれませんよね。
目が焼けるほどこんなにもヤル気のある朝日を拝めるのにもったいない。
  1. 2012/09/07(金) 00:04:02 |
  2. URL |
  3. ロン #-
  4. [ 編集]

うん、マイナリティだよね(笑)
この第2展望台の絵葉書を、ネットで見つけて
この記事に載せようと想ったのですが、無断借用になるので止めました。

その方は、学生時代にこの地を訪れたようで
確かにこの場所が、かつての展望台の一つだった事を、裏書しています。

今は、私一人が、この景色と対峙している。
そう想うと、感慨深いものがありました♪
  1. 2012/09/07(金) 20:22:18 |
  2. URL |
  3. むらっく #-
  4. [ 編集]

2011年11月 (6)
2011年02月 (9)

上記の最長未更新期間を更新しそうな勢いなので
記念に書き込みます。
更新が無いということは、お元気に過ごされているのだろうと。
  1. 2013/06/19(水) 20:23:15 |
  2. URL |
  3. ロン #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです!気にしてくれて、ありがとう♪
そうか、去年の9月から更新してないんだね〜
時間の経つのが、加速度的に早く感じます。

最近また、原点に還りたく想い
小樽方面へよく通いました。
天狗山から、積丹方面に沈む夕陽が観られる事を
今回初めて知りました。
身近な場所でも、まだまだ知らない事があるんだよね〜
  1. 2013/06/21(金) 19:54:18 |
  2. URL |
  3. むらっく #-
  4. [ 編集]

>>気にしてくれて
じゃなくて、いつもいつも気になっています。
フェイスブックで写真を貼っていくのかな?と思ったらそうでもなさそうだし。
京都、見せてよ。
忙しくても体を壊さないように。

2年前かな?小樽に行ったら体にすうっと風というか匂いが入ってきてね。
町の端から端まで歩きました。
人は計測器じゃないけれど、たまには原点で校正しないと
いろいろとずれてくることを実感しました。
小樽原器
  1. 2013/06/22(土) 22:38:24 |
  2. URL |
  3. ロン #-
  4. [ 編集]

小樽は本当に良い街だと想う。
天狗山の山頂に神社があって、そこの狛犬の台座に
木村利雄さんの名前が彫ってありました!
100歳での天狗山滑降は達成出来たのかな。。。なんて想いを馳せてしまいました。

フィルムで撮ってた頃は、カット数も少ないし
切り出してマウントしなきゃいけなかったので
選定するのは苦労しなかったけれども
デジタルは、バカスカ撮れるけど、後の管理がおざなりになりやすいね。
  1. 2013/06/24(月) 22:38:45 |
  2. URL |
  3. むらっく #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://takayoshi1971.blog22.fc2.com/tb.php/566-4f7d3158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

むらっく

Author:むらっく
自然が好きで、主に風景写真を撮っています。
札幌在住。
リンクはフリーです。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

天気予報


プラネタリウム

Healing Label

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。