風を見ていた午後

みつけてくれて、ありがとうございます♪休日は、風にころがりながら写真を撮っています。 季節の匂いを感じながら、ココロ動かされる情景を表現できたら。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幻の第2展望台 摩周湖

038.jpg


ええと、前回の続きです。

今回、2年ぶりに摩周湖を訪れたのは、幻の第2展望台が気になっていたからです。
現在、摩周湖には、第1展望台・第3展望台・裏摩周湖展望台があります。
第1と第3があるのなら、第2は何処へ行ってしまったの?という
素朴な疑問がありました。

調べてみると、やはり、かつてはあったようです。
スペースが狭い関係もあり、廃れてしまったそうです。

弟子屈町役場のホームページに、詳しく載っています。↓
摩周湖ファイル vol.5



024.jpg

星空の撮影をして、陽が登ってきたので
第3展望台から、第2展望台へ移動。
腰まで背丈のある笹薮に分け行っての探索です。




027.jpg

朝日が、顔を覗かせました♪




039_20120906103725.jpg

左手に見えるのは、斜里岳です。




042.jpg





045_20120906103923.jpg

少し場所移動すると、また違った構図に出会います。




046.jpg




048.jpg





050.jpg




059_20120906104437.jpg


今回は、純粋に、割と正確な第2展望台を探索しましたが
地元の方々や、摩周湖の売店で売っている絵葉書の構図を見ると
ここよりも、少し第3展望台よりのポイントの方が、好まれているようです。

という事は、帰ってから再度調べて、気付きました(笑)


かくして、また課題が残りました。
今度は、そちらを訪れてみたいです☆ミ



撮影日:8月23日
撮影地:摩周湖第2展望台






スポンサーサイト
  1. 2012/09/06(木) 10:52:15|
  2. summer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

星空の摩周湖☆彡

お久し振りです♪

今年の札幌は、久し振りにカラっとした、実に北海道らしい夏を迎えることが出来ました。
9月になっても、まだ残暑は引かなく
暑い毎日を送っています。
でも、これくらい熱くないと、夏らしい雰囲気が満喫できません。。。

さて、何から写真をUPしようかな・・・?


026+.jpg


先日訪れました、摩周湖の星空です。
周りに灯火が無く、真っ暗闇だったのですが、目が慣れてくると足元や周囲が見えるようになってきます。
星あかりって、実は結構明るいんだという事を、再認識しました。
近代文明の前、太古の人々が見た夜は、このようなものだったのだろうと想います。




017+.jpg

ここは、津別峠からの星空です。すでに、眼下の屈斜路湖​には、雲海が掛かっています。
雲が明るくなっている所は​、さっきまで私が浸かっていた、川湯温泉の街明かりです​。
そばの笹薮でガサガサっと音がして、鹿が顔を出し、高​い声で一声鳴くと、また笹薮に帰って行きました。



028 c+



027+.jpg


月ではなく、明るい星が、摩周湖の湖面を照らし出してい​ました。星がこんなに明るいなんて。。。




033.jpg

流れ星を、たくさん見ました☆彡大きなものから、小さい​ものまで・・・




037.jpg


右上にあるのは、オリオン座です。
空が明るくなってくると、見た目に近い感じで、カメラに​写すことが出来ます。



040.jpg


だんだん夜が明けてきました。


051.jpg


摩周湖の反対側。遠くに見える山が、さっきまでいた津別​峠。
雲間から見えているのが、川湯温泉の灯火です。
この​雲海の下を通ってきたのですが、雲に突入する時は、もの​凄い視界不良です(笑)
鹿・キツネ・狸が、車のすぐ前を​横切ります。


053_20120902225249.jpg





068.jpg





106.jpg





111.jpg


もうすぐ、日の出を迎えます。(続く)




撮影日:8月23日
撮影地:津別峠・摩周湖第3展望台





  1. 2012/09/02(日) 23:04:17|
  2. summer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

光あつめてさく霧華

2011-1-118e3c3.jpg


ダイヤモンドダスト/サンピラーという現象

北国に住む昔の人達も見ていたはずで
北海道の先住民、アイヌの方々はどう呼んでいたのでしょうか。

ダイヤモンドダストをアイヌ語では
「クルッペ・イメル(kuruppe-imeru)」と言ったそうです。
クルッペは「霜」、イメルは「稲妻」という意味。

なんて美しい表現なのでしょう。。。


短歌の世界では、「霧華(きばな)」と言うそうです。

大正時代に旭川に住んだ齋藤瀏 という歌人が
この言葉を創ったそうです。



東明のあかるむ霧にほのかなる光あつめてさく霧華かも 
齋藤  瀏


から松の霧華は銀の鍼に似て人の気配に枝より雰る
松田 一夫



2011年1月撮影
  1. 2012/04/11(水) 05:20:56|
  2. ダイヤモンドダスト/サンピラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

そして、太陽柱(サンピラー)の中へ。。。光の妖精舞う

497 e2


光のシャワーが、私の身体に降り注ぐ。
光の粒をそっと手で受けてみる

車のドアを開けると、車内にまでそれが舞い込んでくる。。。

幸せな体験
ありがとう

また来シーズン逢いましょう!



2011年2月撮影



  1. 2012/04/11(水) 04:57:30|
  2. ダイヤモンドダスト/サンピラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正夢を見た日

514 e3


ダイヤモンドダスト/サンピラーを追いかけて
今年で3シーズン目です。

初めてダイヤモンドダストを見た時
真っ先に思い浮んだ言葉は
「臨死体験」でした。

臨死体験をした人々に共通するのは
光の中に包まれていくというもの

ひょっとしたら、こういう光景なのではないかと想いました。

そういう意味では、一種のヌミノース体験と呼べるのでは。。。
なんて想ってしまいました・・・

とにもかくにも、私の冬の生活を一変させてしまいました。

それまでは写真を始めても、冬といえば、はとんどオフシーズンだったのですが
今では、冬が楽しくて楽しくて仕方がない。

しかも気温が下がれば下がるほど、ニンマリとほくそ笑んでしまうという
変態体質となってしまいました(笑)



2011-1-100e.jpg


ダイヤモンドダストを初めて見た年は
あまりにも偏愛するあまり、夢にまで見ました。

夢の中で私は、その黄金色に輝く光のシャワーに向かって
雪原を走って行った。

もう3月になっていた。

もうダイヤモンドダストも店じまいの頃。
シーズン最後の望みを賭けて行ってみると。。。

なんと、夢に見た光景そのままに
黄金色のサンピラーが出現した。

そして夢と同じように、気が付けば
雪原を、光のシャワーに向かって走っていました・・・

夢とまったく同じ光景、同じ行動というのは
恐らく、この先我が人生
二度と体験出来ないのだろうなぁ

正夢って、あるんですね♪








  1. 2012/04/11(水) 04:39:44|
  2. ダイヤモンドダスト/サンピラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サンピラー

2011-2-283 e


今年は10年に一度と言われた、寒~い冬でした。。。

さぞ、壮大なサンピラーが見られるのでは・・・と期待したのですが・・・

出現した日と、休みの日がことごとく合いませんでした(泣)

出現の頻度は、恐らく例年と変わらなかったようです。
気温が下がれば、必ず見られるというものではないところが
手強い所です。。。

マイナス20℃越えの時はイマイチだったのに
そんなに冷えていないマイナス15℃くらいの日に
凄いサンピラーと出逢ったり。。。

いやはや難しい

まったく、なんでこんなものを好きになってしまったのだろう?と
自問し、苦笑いする今シーズンでした(笑)






455 ec2




320 ec


2011年2月撮影




  1. 2012/04/11(水) 04:10:55|
  2. ダイヤモンドダスト/サンピラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ダイヤモンドダスト撮影のピント位置

179 e


ダイヤモンドダストが出現する時は
当然、面で発生するのではなく
空間全体で起こる現象。

そのため、どこにピントを合わせるかによって
だいぶ印象が違ってきます。

この2枚の写真は、同じ場所でピント位置を変えて撮影したもの。

表現する意図によって、どこにピントを置くのかを
考えなくてはなりません。



181 e


2011年1月撮影



  1. 2012/04/11(水) 03:49:54|
  2. ダイヤモンドダスト/サンピラー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬晴れ

2010-1 647 e


冬の快晴は、すがすがしく
胸のすく想いがします。

他のシーズンとは、また違った爽やかさがあります。

青と白の世界が創り出す光景は
私の大好物です♪♪♪



2010-1 658 e





2010-1 664 e


2010年1月撮影







  1. 2012/04/11(水) 03:23:02|
  2. winter
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脇役でさえ

2010-1 616 e


霧氷という化粧をプレゼントされた者は
普段は脇役な者でさえ
主役になってしまいます。



2010-1 569 e


2010年1月撮影



  1. 2012/04/11(水) 03:16:24|
  2. winter
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霧氷の結晶舞う

2010-1 612 ee


早朝に付いた霧氷は
太陽が昇ってゆくにつれて
熱で溶けだし、ハラハラと結晶が樹から剥がれ落ちていきます。。。

極寒の日に咲く花の命は
とても短いのです。。。




2010-1 613 e





2010-1 643 e


2010年1月撮影




  1. 2012/04/11(水) 03:12:14|
  2. winter
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

むらっく

Author:むらっく
自然が好きで、主に風景写真を撮っています。
札幌在住。
リンクはフリーです。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

天気予報


プラネタリウム

Healing Label

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。